胃潰瘍の改善に薬を

胃潰瘍の薬の紹介

病院より、ドラックストアより、インターネット

胃潰瘍になると、「胸焼け、すっぱいゲップ、吐き気」などを感じ、症状がひどいと胃の出血につながることも・・・

 

そこで、胃潰瘍を完全に改善するために、薬を服用したいのですが、病院に行くのはメンドウだし、近くのドラックストアーだと価格が高すぎる・・・。

 

そのようなことからインターネットを利用します。

 

こちらのサイトでは、効果的な胃潰瘍の薬、薬価の安いジェネリックの薬などを紹介しています。

 

ガスター10の効果

胃潰瘍の薬※どの薬が効果的で安いのか?

H2ブロッカー成分であるファモチジンを配合しているガスター10。

 

胃酸の出過ぎをコントロールすることにより、
「胃の痛み、胸やけ、むかつき、胃もたれ」などの症状に効果を発揮してくれます。

 

国内で利用者の多い胃腸薬です。

 

  • 胃の粘膜を刺激する胃酸の分泌を抑える作用を持つ薬。
  • 胃酸分の抑制剤で、作用時間が長いのが特徴です。
  • 胃潰瘍だけでなく、「胃炎、食道炎」の治療にも効果が期待できます。
  • ガスターのジェネリックなので価格が安いです。

製品名

ガスター10

ジェネリック

ファモチジン10mg

数 量

28錠

薬 価

294錠(1錠:8円)

通 販

購入はコチラから>>

 

タケプロンの効果

胃潰瘍の薬※どの薬が効果的で安いのか?

タケプロンは、国内の武田薬品工業が製造している薬で、
国内で2番目のシェアであるプロトンポンプ阻害薬になります。

 

特徴的なのが、ガスターよりも効果が強く、
そして胃腸薬の原因菌の治療薬として利用されます。

 

 

  • プロトポンプの働きを抑え、胃酸の分泌を抑える薬です。
  •  
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療に使われます。
  • 胃潰瘍の原因菌であるピロリの除菌補助にも有効です。
  • 病院で処方される薬より、インターネット通販の方が安い。

製品名

タケプロン

ジェネリック

ランソプラゾール30mg

数 量

28錠

薬 価

1,900円(1錠:67円)

通 販

購入はコチラから>>

 

パリエットの効果

胃潰瘍の薬※どの薬が効果的で安いのか?

胃酸の分泌をコントロールすることで、胃潰瘍だけでなく、十二指腸潰瘍や逆流性食道炎を速やかに治療してくれる薬です。

 

パリエットは、他の薬と異なり、副作用がほとんどない所が特徴です。

 

そのために、長期間にわたって服用を維持する場合に利用し、
「胃、小腸、肝臓、肝機能」に対する負担が少ない薬です。

 

  • 胃酸の分泌に関わるプロトポンプの酵素に作用し、この働きを抑制します。
  • 抗生物質と併用することで、胃潰瘍の原因であるピロリ菌を除去してくれます。
  • 胃で溶けず、小腸まで届いてから効果を発揮します。

製品名

パリエット

ジェネリック

ラベプラゾール

数 量

14錠

薬 価

3,600円(1錠:257円)

通 販

購入はコチラから>>

 

スルピリドの効果

胃潰瘍の薬※どの薬が効果的で安いのか?

もともとスルピリドは胃潰瘍の治療薬として開発されました。

 

しかし、他の作用により脳の神経伝達物質であるスルピリドを抑制することがわかり、これによりうつ病や統合失調症の患者にも利用されています。

 

特に利用者が多いのが、抗うつ薬を長い期間服用している患者です。
胃に負担のかかる抗うつ薬を服用することで胃潰瘍や十二指腸が発生しやすい、そこでスルピリドを服用するわけですね。

 

  • 胃腸の働きを改善するだけでなく、うつ病や統合失調症にも効果が期待できます。
  • 成分スルピリドにより、やる気や意欲を高め、感情を維持してくれます。
  • ストレスが原因で発症する胃痛なのにも利用される薬です。

製品名

スルピリド

ジェネリック

ドグマチール

数 量

30錠

薬 価

1,800円(1錠:60円)

通 販

購入はコチラから>>

 

 

胃潰瘍の薬は使い分けること

胃酸、胸やけ、胃もたれ、ムカツキなど様々な胃の不調を改善する胃潰瘍の薬。

 

その多くは複数の症状に効くように造られていますが、薬を選ぶ際は最も気になる症状と、その原因をしっかりと調べてから使うことが大切になります。

 

例えば、胃痛が起床時や昼食前など空腹時にあるなら、胃酸の出過ぎを抑えるファモチジンなどのH2ブロッカーや、胃酸を中和する薬が効果的になると思います。

 

ガスターは胃もたれやげっぷ、胸焼けに効果があり、食べ過ぎや飲み過ぎで胃がもたれるのなら、消化酵素を配合した胃腸薬もよいと思います。

 

もともと胃が弱く、お腹が冷えやすい人の胃もたれやげっぷ、食欲不振にはスルピリドという薬が効果的はスルピリドはストレスによる胃の不調にも効果的なものが多く、みぞおちのつかえ感や吐き気、嘔吐、お腹がごろごろする何べんなどがある人は試してみるのもよいと思います。

 

胃潰瘍の原因

胃は食べ物が送られてくる胃液を分泌して消化し、幽門から続くと十二指腸に送ります。

 

食べ物はここで胆汁や膵液と混ざり、さらに消化、吸収されやすい形になって、十二指腸から続く小腸へと送られます。

 

胃液は食物を消化する胃酸ペプシン、胃粘膜を守る粘液で構成されていて、胃粘膜にある無数の分泌腺から分泌される。胃酸とペプシンを攻撃因子、粘液を防御因子と言うように、維持隊が強力な遺産などで消化されないのは、胃液が胃壁をほぼしているためです。

 

胃潰瘍は、胃壁や腸の壁がただれて筋肉層までえぐられる病気です。強い腰痛が起こるのも一つの症状になります。

 

原因として、胃液の攻撃因子と防御因子のバランスの崩れによって、防御因子の抵抗力が弱まってしまい、胃酸とペプシンが胃壁や胃壁を自己消化してしまうことによります。
胃液の分泌には自律神経の働きが関わっているため、発生の要因にはストレスによる自律神経失調症などがあげられ、胃潰瘍ができやすい性格も関係するそうです。

 

あとは、ピロリ菌の感染によって胃潰瘍になることも。

 

 

ページトップへ