ヨーグルトLG21

胃潰瘍の予防にLG21ヨーグルト

トップページで紹介している胃潰瘍の薬「タケプロン、パリエット」は、胃潰瘍の原因であるピロリ菌を抑制する作用があります。

 

しかし、薬を頼らずにピロリ菌を予防、改善したいという考えがあるなら、ヨーグルトを毎日食べるのが望ましいと思います。

 

ただし、胃潰瘍を発症してからヨーグルトを食べ解消するにはかなり時間がかかるとされているために、あくまでも予防として考えるのが望ましいと思います。

 

ヨーグルトの作用としても、完全にピロリ菌を殺菌するわけではありません、毎日のように続けることで、ピロリ菌の原因であるビフィズス菌の量を減らしてくれる所に意味があります。

 

特に、ヨーグルトの中でLG21乳酸菌がピロリ菌に効くとされています。そのために、ヨーグルトを選ぶときはLG21がたくさん含まれているヨーグルトを選びたい所です。乳酸菌は胃粘膜に付着しやすいため、胃粘膜の奥に住み着くピロリ菌ふ増幅します。

 

ヨーグルトのLG21乳酸菌は、このピロリ菌を除菌してくれる確率を高めてくれるために、量を多く、そして毎日のように胃や小腸に吸収させること。そうすることで、胃や十二指腸潰瘍の予防につながります。

 

 

ページトップへ