胃潰瘍や十二指腸潰瘍

胃潰瘍の原因とは?

以外にも日本人に最も多い胃の慢性疾患が胃潰瘍だそうです。

 

過食や早食い、暴飲暴食、不規則な食事時間など、食生活の乱れが大きな要因となり胃潰瘍が起こってしまうそうです。そのほか、精神的な緊張や不安、ストレスも大きな原因とされています。

 

そこで、薬を服用することで改善してくれます。ただ、いくど胃潰瘍は起こってしまうために、同じようなことは繰り返さないように、食生活の改善や、ストレスを解消するなど、心がけ無くてはいけませんね。

 

胃の粘膜が炎症を起こして赤くなったり、ただれたりして、上腹部の痛みやもたれなどの症状を日常的に繰り返すのが慢性胃炎と呼び、植物を消化するための胃液が胃や十二指腸の粘膜まで昇華し、ただれてい潰瘍ができるのを胃潰瘍、それから十二指腸潰瘍と呼びます。

 

食後や空腹時に上腹部が痛みます。これが特徴的な症状ですね。

 

その他、胸焼けや肩の不快感、嘔吐などの症状もあり、重症になると吐血や下血も見られる。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因として、精神的なストレス、過労の他、遺伝の影響でヘリコバクター広り金も考えられるために、症状にあった薬を選び服用することが重要になります。

 

 

ページトップへ