胃腸と漢方についてどのようなケアをすればいいのだろうか

胃には漢方もオススメ

胃腸のことを考えて薬を服用する人もいますが、最近では漢方に力を借りる人もいます。漢方は、医薬品よりも効果は劣りますが、それよりも副作用が少ないために、初心者の人にはいいのかもしれませんね。

 

漢方の視点としては、胃腸の力を借りることで、今までの違和感、例えば食欲が無い、胃が痛い、お腹がはる、げっぷがよく出る、便秘がち、下痢をすることが多い、このような悩みを改善してくれます。

 

漢方では、肌の健康を保つためにも、胃腸の状態をとても重視しています。体を作るのは、全て口から入ってき食べてもの。消化力が落ちていると、必要な栄養を吸収できない、体の機能を健康的に維持することが難しくなる。その結果として、ニキビやアトピー性皮膚炎などに広がることがわかっています。

 

それから、体のエネルギーとなる「気」は胃腸で作られる。ストレスなどで胃腸の調子が悪くなると気が不足して、自律神経など、精神的な部分にまではびこってしまうわけですね。

 

漢方を服用することで、胃の粘膜にエネルギーを与えてくれるために、今までの悩みであった、食欲や胃の痛み、それからお肌や自律神経など、いろんな部分に効果を高めてくれるわけですね。

 

 

ページトップへ