ピロリ菌からガンに

逆流からのわかるピロリ菌

食べ過ぎや寝る前の食事で、胃の入り口の筋肉に違和感を感じ、胃酸が逆流し痛みを感じる人がいます。しかし、それ以外にも、ピロリ菌の増加による症状も有ります。

 

ピロリ菌星の人に胃食道逆流生症状が少ないのは、ピロリ菌によっていに炎症が起こったり、胃粘膜が胃酸の分泌量が減るため。今の10〜40代はピロリ菌陰成立が低く、要素期から胃酸分泌を増やすファストフードやスナック菓子を食べているので胃食道逆流食上になりやすい。ピロリ菌除菌をした人も要注意で、そのままにしておくことで、胃がんになることもわかっています。

 

特に、ピロリ菌が起こりやすいのは60歳代以降なので、もし検査を一度設けていない方は先々の事を考えてみてもらうこと。

 

違和感なく、症状が悪化し、ピロリ菌が増殖することがわかっています。ピロッ利金陰性の人の胃食道逆流症上の発症率は陰性の人の2〜5倍以上。年齢が高くなるに連れて、急増することもわかっています。

 

 

ページトップへ