昔の日本に多かった症状

ピロリ菌が癌に関係する恐れも

胃の痛みや吐き気の原因にも様々であります。症状を感じてから胃潰瘍の薬を服用すれば、その薬の作用により、確かに補えるかもしれませんが、原因をうまく改善ができていないと、また同じような症状が起こる可能性が十分にあります。

 

例えばピロリ菌により痛みや吐き気が起こる可能性があります。ピロリ菌は昔の日本人ではよく発症したと言われています。これは、井戸や川の水にピロリ菌がいて、その水を沸騰せずに人間の体内に吸収していたからです。

 

では現代ではどうかというと、ピロリ菌がはびこる生活環境に育ち、また親からもピロリ菌をもらっている、最もピロリ菌の感染症の高い世代でもあると言われています。

 

これは親から子へ唾液感染が起こったからなんですね、口移しで食べ物を与えることで、唾液を通じて感染してしまうからです。

 

ただし、自分では気づかない部分があるために、まずは病院などで検査を受けることが望ましくなります。腸内細菌は、その人の消化能力や免疫力に関係し、癌への影響を及ぼす可能性もあると言われています。

 

尿幼に主に母親から移り、母親のファーストタッチで肌などについている細菌を貰い受け、腸内細菌の分泌が決まるとされます。

 

 

痛みや吐き気を感じずに、じょじょに症状が増えることもわかっているために、まずは検査を受け、もしピロリ菌が存在した場合は、他の薬などでパリエットの薬が処方されます。

 

 

 

ページトップへ