症状に違和感

いつもと違う胃の以上

胃潰瘍から症状が悪化することもあるために注意は必要になると思います。ではどのようなことがあるのでしょうか?

 

例えば過敏性症候群です。代表的な症状としては、下痢と便秘です。下痢は男性に多く、便秘は女性に多いという傾向が見られます。下痢と便秘は表と裏のような関係が有るために、腸の動きが早く、便が町に留まる時間が短ければ下痢になり、逆に動きが遅くなることがわかっています。

 

そこから、症状が大きく別れ、下痢や便秘、混合になる恐れがあります。

 

突然便秘になり、下腹部分が収縮し、突然のように強い痛みが起こってしまうし、ドキドキと動悸を感じたり、冷や汗を流したりする恐れがあります。

 

それから、便秘型の人は、3回以上も便秘に悩まされてしまう症状です。固く短い便やコラ頃とした便になる。頭が重くなるような症状にもなると言われているために、いつも血違った症状の場合は、胃潰瘍の薬、または病院の検査が必要になります。

 

あとは混合型の場合は、便秘が長く続いた後に、下痢が始まる下痢が収まると、再び便秘になる排便を切っ掛けとして、腸の動きが早くなりすぎたり、遅くなりすぎたりします。

 

普段の生活症状や、食事の内容、ストレスなど、様々なことが関係するために、まずは病院にて検査を受けることが望ましくなります。

 

 

ページトップへ