体の健康を考えたケア方法

健康管理をすることが重要になるはず

胃の運動には普段の食事を意識することがすごく大事であり、一日一日に対して、どれだけ意識して歩んでいくかが大事になるはず。噛み砕き運動と、空腹時お掃除運動の2種類があり、3食取ることで、胃の運動のリズムが整い、胃に連動して小腸、大腸も活動的になるはずです。

 

朝食の場合は、朝は交感神経が緊張するため、胃の動きが抑制されてしまいます。そのために、消化にいよい、裏位相的な食事を考えてみてはいかがでしょうか?

 

起床時、出勤時など肺の動きが低下するために、できるだけ消化に良いもことを食べることを私は意識していますね。

 

例えばなんですが、白身魚やささみ、湯で野菜、汁物、白米などを食べることです。栄養度も高くて、体にとって、消化も良いわけであり、胃にも良いのですね。

 

特にお腹が弱い人は大事な用事がある人など、お腹の調子が気になっている人に、まずは朝食を食べることは大切で、噛むことを意識することも大事になるはずです。

 

その後の胃腸のリズムを考えて、メニューも考えておくことは大事になるはずです。
胃に食べ物が入ると反射で腸の運動能力がアップし、排便モードに、朝食後は5分トイレで座るという考え方を持っても良いはず。

 

ほんの些細なことかもしれませんが、胃のことを考えたら、細かなことを考えて意識することでかなりつながりになるはずです。

 

 

 

ページトップへ